礼拝・集会のご案内
教会学校
礼拝説教集
教会の各活動
牧師・伝道師紹介
指路教会の歴史
写真で見る教会案内
主なスケジュール
教会の本棚
交通アクセス
Q&A
用語集
聖書が教える幸せ

■礼拝とは?

毎週日曜日に教会で行われている礼拝は、神を拝む集いです。拝むといっても柏手(かしわで)を打ったり、いわゆる「拝礼」をするのではなく、聖書が読まれ、そこから神様のメッセージが語られ、讃美歌が歌われ、祈りがなされる、ということを通して、生きて働いておられる神様との交わりの時を持つのです。最初は、説教という講演を中心とする講演会のような印象を持つかもしれませんが、出席しているうちに、講演会ではない、神様を拝む礼拝の意味が分かってくると思います。

礼拝のしおり

■礼拝・定例集会紹介

礼 拝

主日礼拝
毎日曜日
午前10:30-12:00

・教会の全ての営みの中心となるものです。どなたでもご参加いただけます。

・毎月第一日曜日には、主日礼拝、夕礼拝ともに、洗礼を受けている信者がキリストの体と血とを表すパンと杯にあずかる聖餐(せいさん)が行われます。 聖餐の意味については 【Q&A】Q11をご覧下さい。

夕礼拝
毎日曜日
午後6:00-7:00

定 例 集 会

教会学校
毎日曜日
午前9:00-10:10

・子供たちのための教会です。幼稚園、保育園の子供から高校生まで、一緒に礼拝を行った後、年齢に応じた「分級」をしています。

・いつからでもご参加いただけます。ご家族の方もご一緒にどうぞ。

求道者会
毎日曜日
午前9:40-10:10

・教会に来られて間もない方、まだ洗礼を受けておられない方を対象に、キリスト教の教えの基本を、牧師、伝道師がお話ししています。

・「ハイデルベルク信仰問答」をテキストとして用いています。テキストはお貸しします。いつからでもどうぞご参加下さい。

聖書研究祈祷会
第1水曜日
午後2:00-3:30
午後6:30-8:00
第2以降毎水曜日
午後6:30-8:00

・牧師、伝道師から聖書のお話しがあり、その後参加者がお祈りをします。祈りは自由ですので、聞いておられるだけでも結構です。聖書を学ぶと共に、祈ることを学ぶためによい集会です。


家庭集会
毎月1回

・毎月1回、教会員の家庭で聖書を学ぶ時を持っています。現在は石川町駅前(第2木曜日夜7時)と本牧(第4土曜日午後2時)の二か所で、行われています。

・どなたでも参加できます。教会にお問い合わせ下さい。



::小さいお子様連れの方や車椅子の方へ

指路教会は、1階の入り口から入り、エレベーターで礼拝堂に入ることができるようになっています。ベビーカーを押して、あるいは車椅子で礼拝堂に入ることができます。
また、主日礼拝(日曜日午前の礼拝)においては、お子さんを1階の部屋でお預かりし、スタッフがお世話をする「キッズルーム」があります。親御さんから離れて遊んでいられる年齢ならば、そこにお預けいただき、大人だけで礼拝を守ることもできます。
赤ちゃんやまだ親御さんから離れることのできないお子さん連れの方々のためには、「親子礼拝室」があります。礼拝堂からガラス窓で仕切られている部屋で、マイクの声も聞こえるようになっています。




このホームページに引用される聖書は、『聖書 新共同訳』であり、その著作権は以下に帰属します。
(c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of TheCommon Bible Translation,
(c)財団法人 日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1987,1988


Copyright(c) Yokohama Shiloh Church 2013